読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOS RMT|Tree of Savior rmt1つ前のクラスを経由する必要はなく、転職した回数でクラスが開放される

平素よりrmt-spをご利用いただき誠にありがとうございます

TOS RMT のシルバー 今業界最安値販売中です

TOS RMT のクラス転職から、1つ前のクラスを経由する必要はなく、転職した回数でクラスが開放されるについて、見つけました。

皆様に紹介させていただきます。

 

1つ前のクラスを経由する必要はなく、転職した回数でクラスが開放される

シュヴァルツライター

私も始め分かりにくかったのですが、転職において1つ前のクラスを経由する必要はないということです。

例えば、上のテンプレートの1つ、アーチャーの転職を見てみます。

「アーチャーC1」→「レンジャーC1」→「レンジャーC2」→「レンジャーC3」→「アーチャーC2」→「シュヴァルツライターC1」→「シュヴァルツライターC2」

上のような順番で転職して行きますが、途中1クラス目のアーチャーから急に6クラス目のシュヴァルツライターに転職している箇所がありますよね。

このようにいきなりクラスを飛ばして転職することが可能です。

考え方としては、転職した回数によりクラスが開放される仕組みになっているからです。

4回、転職と再修練をこなすと6クラス目のシュヴァルツライターに転職できるわけですね。

この部分を理解してしまえば「最終形体」が想像し易くなります。

ゴールを決めて突き進んでいきましょう!

 

目標となるゴールについては、公式サイトにクラスシュミレーターがあるのでポチポチ押して試してみると面白いですよ!(公式サイトがメンテナンス中だと使えないので注意)

 

ちなみに上の経由を見て分かる通り、戻って再修練することも可能です。

アーチャーから1度レンジャーに転職した後、アーチャーに帰って再修練できるわけですね。

再修練をする際、必ずしも連続で行う必要がないということを覚えておくと良さそうです。