読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOS RMT おそらく最高効率のTOS金策「145IDソロ」の解説

最近、やっちはリンカーソーマタージュ(略してリンソマ)を1人完成させまして、そのキャラでレベル上げ(Grind)やらソロ金策 やらをやっているのですが、今までリンソマを作ってこなかったことがいかに愚かであったか後悔している状況に陥っています。

どうしてかというと、あまりにも効率が良すぎる。もちろん、コスパ度外視のガチ勢から見れば特段すごい効率でも無いんですが、 ビルド構成だけでここまでの効率を出せるという点は重要かと。

ということで、この記事ではリンソマを使った金策がいかに儲かるものか…を解説してみます。安定した収入源に困っていた初心者啓示者の 参考になれば幸いです(やっちもリンソマが出来る前はマトモな金策が無かったんです…)。

TOS RMT 最安値のシルバーのサービスを提供します。 
たくさんのご好評をいただきました、超好評販売中(=^o^=) 
また、TOS RMT アイテムは直接トレードできますので【トークンの取引可能】トークン対応で、アイテムが取引際にポテンシャル(MAX)。
人気なアイテムは全部在庫有り。

FF14 RMT のギル、FIFA17 RMTのコインのサービスも提供します。
TOS RMT の情報から、「おそらく最高効率のTOS金策「145IDソロ」」について、見つけました。
皆様に紹介させていただきます。

145ID金策の概要

基本的な流れを説明すると。

  1. リンカーソーマタージュを用意する
  2. 145IDにソロで入場する(1人パーティー)
  3. 金策コンボで敵を倒していく
  4. 35~45分で約60万シルバーの利益
  5. 1日100分~120分ほどの作業で約180万シルバーの儲けに

このようになっている。もうアルデダガーやマナマナをボス直パーティーで「レア掘り」する時代は終わる※1のかもしれない。

※1 マーケットに全く流通しないので自分で入手するしか無い…という状況ならレア掘はアリだと思います。

リンカーソーマタージュの中身

すでにTOSで2~3人くらいのキャラクターを育成されている方は別に問題ではないですが、初心者に関してはリンソマを作る時に気 をつけなければならない事が多い。

まず、ウィザード系は基本的に育成が「楽」ではありません。アーチャー系と比較すると雲泥の差がそこには存在します。特にLV50 までの道のりはアーチャーと比較にならないほど面倒です。

しかし、リンソマが1人いるだけで日々の金策の悩みから解放されるのは大きい。ウィザード育成はややだるいけど、金策のためな ら頑張れる…という人なら初心者でも問題ないと思ってます。

 【追記】アグニネックレスのおかげで

 

やっちはウィザードC3を経由するリンソマですが、パイロマンサーC2を経由するリンソマの方が今の時代は優秀っぽいです。Twitterやコメントでも親切に教えてもらいましたが、たしかに…優秀(すでに作ってしまった本人としては複雑)。

ウィザードC3を経由するビルドの欠点は、単体火力が圧倒的に欠けていることです。パーティープレイにおいても、リンソマの部分は優秀ですが、ウィザードC3は特に貢献しません。

パイロマンサーを経由した場合は、ファイアピラーやフレイムグラウンド、ファイアボールなど攻撃スキルが豊富なのでダメージ効率も良い。エンチャントファイアという補助スキルもある。

→ アグニネックレスの炎属性強化でパイロマンサーが化けそう

ウィザードC3を経由しない場合、クイックキャスト特性を捨てることになるけれど、パイロマンサーはアグニネックレスで火力が2倍、3倍と増えるため問題ではない…。

ということで、アグニネックレスを用意できる人ならパイロマンサー経由型のリンソマの方が色々と便利そうなので、そちらをオススメします。

ウィザードC1~C3

1

Lv42くらいでクラスランク3になります。そこまでウィザードを取り続ける。理由は欲しいスキルがあるから。

  • クイックキャスト(それとダメージ追加特性)
  • マジックミサイル
  • 高レベルのリフレクトシールド
  • シュアスペル

主にこの3つが目的でウィザードC3まで取る。特にクイックキャストのダメージ追加特性が強力で、クイックキャストの持続時間中 は魔法ダメージが1.5倍になる。恐ろしく強いので必須。

マジックミサイルはウィザードが誇る強力な攻撃スキル。命中すると分裂して連鎖的にヒットする特徴がある。高レベルのリフレク トシールドは敵からのノックダウンをある程度防げるので取ります。

ノックダウンを防げるのは魔法使いにとってかなり重要な点です。ソードマンのペインバリアには敵わないけど、やっぱりあると便利なの。ということでシュアスペルも取ります。

魔法を使っている途中にノックダウンや妨害を受けて、詠唱が止まったり、CDだけ消費して効果が出せなかったら結構うっとうしいですから。

リンカーC1~C2

2

Lv85~Lv125くらいまではリンカーとして過ごす。リンカーになる理由はもちろん…。

この2つのスキルが欲しいから。やっちはリンカーC2までこのスキルを最大まで振って、それ以外のスキルは振っていません。正直この2つしか使わないので…。

一応簡単に説明すると、ジョイントペナルティーはジョイントした敵同士でダメージを共有するデバフを掛ける特殊なスキルです。ややこしいので大雑把に言ってしまうと、8匹にジョイントしたら与えられるダメージが8倍になります。

ハングマンズノットはジョイントした敵を一箇所に寄せ集めるスキル。ものすごく便利なので最大まで振る。

 順番について

 

このあとソーマタージュC1~C2まで取るのですが、人によっては以下のような順番でビルドを組むこともある。

  1. リンカー
  2. ソーマタージュ
  3. リンカー
  4. ソーマタージュ

やっちとしてはリンカーをさっさとC2にして、ジョイントペナルティーの対象数を8匹に増やしてパーティープレイを有利に運びたいと思っているのですが、一応この順序の理由を考えてみる。

多分、できるだけ速く「金策コンボ」を楽しみたい、あるいはスウェルレフトアームなどの補助スキルを覚えて別の意味でパーティープレイを有利にしたい…といったところかな。

やっちはリンカーC2取ってからソーマタージュに行く方が良いとは思いますが…。

ソーマタージュC1~C2

3

Lv170~Lv225くらいでソーマタージュC2まで揃う。これで金策コンボが使えるように。

  • スウェルボディ
  • スウェルレフトアーム
  • スウェルライトアーム
  • リバーシ

やっちは太字のスキルしか習得してません。ライトアームやリバーシも振る予定ですが、無くても金策をする上で困ってないので結局振らないままになってる。

さて、重要なのは「スウェルボディ」です。敵のサイズを一回り大きくして、最大HP・落とす経験値・アイテム・シルバーを2倍にするというデバフを掛けます。

デバフの時間が終わった後も、2倍になった最大HPと体のサイズは残るので注意が必要です。要するにスウェルボディを掛けたら、即倒す必要があります。

そこで以下のような金策コンボを組みます。

  1. 7~8匹に対してジョイントペナルティー
  2. ハングマンズノット
  3. スウェルボディ注入
  4. マジックミサイル(可能なら一歩引いてから)

最初は「慣れ」が必要だけど、慣れれば簡単なコンボ。適正レベルの装備を使っていれば、だいたいこれで145IDの敵Mobを倒しきれます。

リンソマによる145ID金策はどれくらい美味しい?

普通の金策をするのが馬鹿らしくなるくらい儲かります…。

使ったキャラのスペック

1

ヘアアクセサリーや、ブルージェムLv5で魔法攻撃力は相当盛っています。ここまで必要ないけれど、金策があるとその程度の出費は気にならなくなる。

金策コンボ

6

145IDに入ったら、7~8匹ずつ(テキトー)ジョイントしてハングして、スウェル注入してからマジミサを繰り返すだけです。CDが長いため、1週あたりの時間は結構長いです。

よくリンソマを使った145ID金策は眠くて持続性に欠けると言われますが、LV差で敵からのダメージは1ミリも痛くないし、やってることは作業そのものなので集中して画面を見る必要もない。

だから、別の画面で映画とかYoutubeとか見ながらやってますよ(マルチディスプレイ環境おすすめです)。

別作業しながらでも1週あたり40分

2

SGウォッチで計測しました。スタートというテロップが出たら、計測開始。

3

レベンザードの周辺の雑魚を狩り尽くしたら計測終了。約40分というところ。3週すると2時間は掛かる計算になってしまう。

利益は1週あたり60万

4

2047000シルバーで計測開始。

5

結果、2960000シルバーで終了。1週あたり913000シルバー(約1M)も儲かっているが、これはイベントの影響。普段は60万くらいに落ち着きます。

40分で60万シルバー。匹敵する戦略が思いつきません。残っているのは240ID金策くらいですが…リンソマをLv270~280くらいに育てる必要がある。

【補足】周回ルートについて

基本的には普通に周回して大丈夫。時間効率にこだわるなら「帰還石」を使ったテクニックもあるが、やっちは他のことをしながら毎日180万シルバーを稼げることに価値を見出しているので、作業を複雑化させることに興味はありません。

ただし、最初のボス「マージ」だけは倒さなければならない。あとの「マンダラ」や「レベンザード」は無視して大丈夫なんですが、「マージ」だけは倒さないと途中から進行不可になるので…。

Twitterやコメントで「マージを無視できるコースがある」と教えてもらったので、ためした後に詳しく追記します。

「145ID金策」まとめ

最後のこの金策のメリットやデメリットをまとめる。

  • 2時間で180万シルバーを稼げる
  • 他のことをしながら作業できるので楽
  • 金策の中でも堅牢性がものすごく優れている
  • リンソマは序盤~中盤の育成がややしんどい
  • やっぱり2時間も拘束されるのは嫌だ…という人はいる

こんな感じです。あと「堅牢性」は金策を考える上で超重要な項目です。そもそも堅牢性が無い金策は、金策とは言えません(やっちの定義では)。

例えば、ものすごく儲かる金策があるけれどパイがものすごく限られているので参入者が増えると簡単に利益が減る金策ってありますよね※2。俗に「先行者利益」などと言われている類の金策は、往々にして堅牢性が悪すぎる。

※2 ToSのマーケットの価格システムが悪いと言えば悪い

それに対してシステムによってシルバーが供給されるインスタンスダンジョンを使った金策は、堅牢性が抜群に良い。100人、1000人が参入しようと利益は保証されていますから。

しかし、IMC Gamesは変わった開発なので「145ID金策が流行りすぎている、Nurfするぞ」なんて言い出す可能性がゼロではないので怖い…。(あれ、弱体化のリスクを考えると言うほど堅牢性は高くない?)

2時間はだるいと思う人へ

やっちのフレンドでリンソマと同じ金額を稼ぐが、時間は25%くらいカットした強者がいるので紹介します。

  1. スカウト系のアーチャーを作る
  2. ホプドペドラのソードマンを作る

スカウト系は1週あたり15分、ホプドペドラも15分くらい。2人で合計6周して90分。利益は同じく180万。というフレンドがいます。

この方法は速さが良いですが、初期投資が極めて大きいため(例えば、ホプドペドラだとジャベリンに1000万くらいは投資したそうです)、初心者には容易では無い点がデメリット。

やっちとしては、とりあえず1人作っておけば安泰のリンソマが好き。正直に言って、アルデダガーを出るまで90IDボス直するより遥かに効率は良いので。

145ID金策の派生

Youtubeなどで探せば分かりますが、リンソマの240IDソロ周回は十分に可能ということ。しかも、1週あたりの時間は25~30分と圧倒的に速い。

おそらく、145ID金策を超えるのが240ID金策になりそうです。時間効率がかなり改善されるので、リンソマ嫌いの人はLv280くらいまで育てて240IDソロをやってみると解決する可能性が高いですね。

リンソマの他のメリット

7

パーティープレイ(Grind)が超楽しいってこと。他のPTメンバーも言っていましたが、経験値効率はやっぱり凄まじい水準とのこと。

2時間でLV203→LV214という人もいたので、やっぱり美味しいんだと思います。経験値カードを貯めてクラスランク7を突破する…という考え方はもう古い概念かもしれないと思い始めています。

やっちもリンソマなら、クラスランク8突破が可能な気がしてきた。

ということで以上「おそらく最高効率のTOS金策「145IDソロ」の解説」でした。安定して日給100万シルバー以上を叩き出したい啓示者は、ぜひ検討してみてください。